未来の消防士へメッセージ

消防長から一言
吾妻広域消防本部 消防長 山田 圭一
吾妻広域消防本部 消防長

 消防の仕事は、警防・救急・救助・予防など様々なものがあり、地域住民の生命、身体及び財産を守ることを任務とし、地域住民が安心、安全に過ごせるよう、かけがえのない日常と未来の笑顔を守るため、職員一人ひとりが熱い思いを持って日々懸命に業務に取り組んでいます。さらに、消防本部・東部消防署の庁舎も新しくなります。その新庁舎とともに歴史を刻み、自分の手で地域を守りたいという強い意思と熱い気持ちを持って、私たちとともに安心・安全な地域を一緒に築いていきましょう。


担当者からのアドバイス

吾妻広域町村圏振興整備組合の採用試験は、まずは1次試験を突破しなければ先に進めません。
1次試験は高校卒業程度の択一式の教養試験です。
消防職員の2次試験は体力測定と作文試験、3次試験は面接試験です。

体力測定は、丸1握力測定、丸2座位体前屈、丸3上体起こし(腹筋)、丸4反復横跳び、丸5立幅跳び、丸6シャトルランです。(変更になる場合もあります。)
各10点満点で合計60点。40点未満は自動的に不合格です。日ごろのトレーニングの成果を発揮してください。体力を付けておくと、採用後半年間の消防学校での研修にも役立ちます。
2次試験の合否判定は、教養試験の点数との合計で行います。

作文試験は800字以内で、用意されたテーマに従って書きます。日頃から読書や新聞のコラムなどを読んでおくといいと思います。誤字脱字には気を付けましょう。特に、簡単な漢字や熟語で間違いが多く見受けられます。注意してください。また、起承転結のセオリーを生かすとすっきりした文章になります。

面接試験では主に人物評価を行います。
面接は短時間ですが、意外と人柄とか性格とかが分かるものです。基本を押さえた上で、力を抜いて自然体で臨みましょう。
いろいろなエピソードを用意しておき、簡潔に論理的に話すことが大切です。思ったことを素直に話してください。敬語の使い方も練習しておくといいでしょう。


以上、参考になったでしょうか?お役にたてれば幸いです。

それでは、多くの皆様のご応募をお待ちしております。
ページトップへ

吾妻広域町村圏振興整備組合
〒377-0425
 群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条135番地 バイテック文化ホール(中之条町文化会館)内
 電話:0279-75-4700 FAX:0279-76-3060 メールアドレス

このページを閉じる